内側からのケアで美肌に!しみそばかすに効く薬比較

しみそばかす改善に1番有効なのは飲み薬によるケアです

HOME » 気になるしみ・そばかすを薬で治すための2つのキーワード » ターンオーバーの正常化

ターンオーバーの正常化

「しみ・そばかすに効く」と書かれたコスメを使ってもなかなか効果が出ずに新たなコスメを探す…というコスメジプシーに陥っていませんか?

もしかしたら、あなたの使っているのはその場しのぎの効果しか得られない化粧品なのかもしれません。しみ・そばかすの改善に大切なのは、皮膚のターンオーバーを正常化させること。その理由について紹介していきたいと思います。

そもそもターンオーバーって?

そもそもターンオーバーって?

まず、ターンオーバーとは「肌の新陳代謝」「肌の生まれ変わり」を指します。

皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」から成り、さらに、表皮は内側から「基底層(きていそう)」、「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「角質層(かくしつそう)」と4層構造になっています。

基底層で生まれた細胞は、次第に新しい細胞に押し上げられていき、死んだ状態で角化細胞となり、最後はアカとなって自然にはがれ落ちます。これが、ターンオーバーです。

ターンオーバーの期間は部位によって異なりますが、一般的に、基底層で細胞ができてから顆粒層になるまでが約14日間、顔の表面を覆う角質層となって垢として落ちるまで約14日間、合計約28日間でターンオーバーしていきます

ただし、肌トラブルにより基底層が傷ついた状態だと修復に時間がかかり、表皮の下にある真皮をも傷つけてしまうこともあります。

また、ターンオーバーは20歳を過ぎると急激に衰えるため、30~40代になると45日程度かかるとも言われています。「年々、ちょっとした傷が治りにくくなっている」と、感じるのはそのため。

肌がくすむ、しみが増えたという症状はターンオーバーの機能が低下しているサインなので見逃さないようにしましょう。

ターンオーバーとしみ・そばかすの関係

そもそも、しみやそばかすは紫外線などの外部の刺激を受けて生成されるメラニンが原因となります。通常、メラニンは表皮の新陳代謝によって外へ排出されますが、メラニンが過剰に生成されたり、メラノサイトのプログラムが正常に働かなったりすることで、表皮よりも下の真皮層にメラニンが残る場合があります。

また、メラニンは肌が受けたダメージを表皮で食い止めるために作られるカサブタのような働きを持っているため、肌に異常があると大量に生成されてしまうことも。

メラニンができても表皮にとどまっていれば、しみはターンオーバーとともに外へ排泄され色は元にもどりますが、真皮にまで色素が及んでしまった場合はずっと残ってしまうのです。これが、しみや色素沈着です。

しみやそばかす対策に美白化粧品を使っている方も多いかと思いますが、美白系コスメはターンオーバーの促進・排泄を促してはくれるものの、真皮に到達したしみまではケアできません。

このため、美白系コスメを使っても「消えるしみ」、「消えないしみ」が出てくるのです。

内服薬の服用でしみ・そばかすがより早く改善

美白化粧品を使ってみたけれど、今ひとつ効果がないという方は内服薬を使うのも手です。

しみは内側からと外側からのアプローチが必要。美白系化粧品などのケアとともに内服薬の服用によって、より早い効果が期待できます。

【内服薬に含まれる成分】

  • ビタミンC(シナール):ビタミンEとの相乗効果が高く、抗酸化作用がある。
  • トラネキサム酸(トランサミン):シミの生成を指令するプラスミンの経路をブロックする。
  • ビタミンE(ユベラ):ビタミンCとの相乗効果が高く、抗酸化作用がある。
  • L-システイン(ハイチオール):ビタミンCとの相乗効果が高く、メラニンの生成をブロック。ターンオーバーを促進する。

美白化粧品も日々進化していますが、少しでも早くしみ・そばかすを消したいなら内服薬の力も借りてみてはいかがでしょうか。

効果をすぐに実感したいなら、やはり美容皮膚科での治療

「効果を即実感したい!確実にしみを取りたい!それなら、美容皮膚科のしみ取りレーザーをしたほうが早いです。医薬品よりも治療費は高くはなります。しかし、しみの他に、にきび跡や肝斑も取ることができたり、ダメージを受けた肌を綺麗にできたり、医薬品では補えないことだってできてしまいます。

もし、少しでも美容皮膚科行こうかなぁ、と思われたのであれば、美容皮膚科@ポータル~シミ・そばかす・肝斑編~で口コミや治療法を覗いてみてはいかがでしょうか?