内側からのケアで美肌に!しみそばかすに効く薬比較

しみそばかす改善に1番有効なのは飲み薬によるケアです

HOME » 気になるしみ・そばかすを薬で治すための2つのキーワード » メラニン色素の抑制

メラニン色素の抑制

しみ・そばかすを消すために美白系コスメを使う方も多いと思いますが、「美白」と言ってももともとの肌を更に白くしたり、しみ・そばかすをすぐに消したりできる強い作用はありません。

あくまで、その人が持つ肌色をキープするために地道に作用するというものです。

しみやそばかすを改善するためには、しみやそばかすの元となるメラニンを作らないようにすること(メラニン生成抑制作用)、既にあるしみやそばかすを薄く すること(メラニン還元作用)の2つが鍵になります。

さらに、メラニン生成抑制作用は2つに分けられ、1つはメラニンを生成するチロシナーゼという酵素を 抑制する方法、もう1つはメラノサイトに指令を出す情報伝達物質の働きを妨げる方法です。

メラニン色素を抑制してしみ・そばかすを改善

メラニン生成抑制作用を持つ成分

【メラニン生成抑制作用を持つ成分】

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • L-システイン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • リノール酸
  • 4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
  • マグノリグナン
  • プラセンタエキス

【メラノサイトに指令を出す情報伝達物質の働きを妨げる成分】

  • カモミラET
  • トラネキサム酸
  • t-AMCHA

より高い効果が期待できる成分

メラニンに効く成分は数多くありますが、その中でも広く内服薬に使われているのは、L-システイン、ビタミンC。

★L-システイン

メラニン色素を抑制し、皮膚の再生を促進する作用があり、メラニンや古い角質の排泄を手助けしてくれます。また、ビタミンCとの相乗効果が高く、同時に摂取することでより高い効果を発揮します。

★ビタミンC

しみの原因となるメラニン色素を抑える働きがあります。最近はドラッグストアやスーパーなどでビタミンCのサプリメントが揃っているのでサプリメン トで摂取される方も増えてきましたが、サプリメントは様々な成分が混在しているので内服薬に比べると1度に摂取できるビタミンCの服用量が限られていま す。

しっかり補うためには内服薬の力を借りた方が得策です。