内側からのケアで美肌に!しみそばかすに効く薬比較

しみそばかす改善に1番有効なのは飲み薬によるケアです

HOME » シミ・そばかすを撃退!知っておきたい基礎知識 » シミの種類別・原因と改善方法

シミの種類別・原因と改善方法

しみには「肝斑」、「そばかす」、「スポット斑」、「肌老化によるしみ」などいくつか種類があり、原因や対処法も異なってきます。

それぞれ、しみの原因を理解することでしみの予防や改善に繋げてくださいね。

しみの種類によって異なる、予防と対策

【肝斑】

頬や口のまわりに左右対称に広がるようにできるしみ。30~40歳の年齢でできやすいと言われていますが、妊娠を機に発生したり、ピルによってできたりする場合もあり、女性ホルモンのバランスが関係しているとも言われています。

そのため、肝斑は体の内側に原因があるしみと考えられています。とはいえ、紫外線にあたりやすい部分に症状が現れることから、紫外線対策は万全に行っていて損はないでしょう。

ほかにも肝斑ができる原因としてストレスが関係していることも。しみの原因となるメラニンを作り出すメラノサイトは、紫外線やホルモンの影響を受けて働きます。

そのホルモンの分泌と大きく関わるのが生活習慣、睡眠、ストレスなどです。肌ケアだけでなくリラックスする時間を作る、睡眠を十分にとる心掛けも大切です。


【そばかす】

鼻から頬にかけて小さな斑点が広範囲にできるそばかす。色白の女性に多く見られます。そばかすができやすい肌は紫外線に弱く、日焼けすると数が増えたり色が濃くなったりします。

日頃から、紫外線対策をしっかり行っておきましょう。そばかすは遺伝することも多く、親きょうだいにそばかすがある人は10代から目立ってくる傾向があります。


【スポット斑】(老人性色素斑)

そばかすのように小さいしみがたくさんできる場合、大きなしみが1~数個できる場合、両者が混ざる場合に分かれます。

内側よりも外側にできやすい傾向にあるため、紫外線と大きく関係していると言われています。

日頃から繰り返し紫外線を浴びたり、長時間紫外線を浴びたりすることで皮膚のメラニン細胞が活性化して過剰なメラニンを作るため起こります。日焼け止めを使う、夏場は防止や日傘などで遮光を心掛けることが大切です。


【肌老化によるしみ】

年齢を問わず、肌の老化により起こるしみ。過度な日焼けや乾燥、ストレス、睡眠不足などが原因と言われ、いわゆる不健康な肌状態を指します。

肌の新陳代謝を活発にすることもしみの予防や改善に有効です。紫外線ケアとともに正しいスキンケアを心掛け、規則正しい生活を送ることが大切です。

ビタミンCなどのしみを抑制する成分を摂取することも効果的です。