内側からのケアで美肌に!しみそばかすに効く薬比較

しみそばかす改善に1番有効なのは飲み薬によるケアです

HOME » シミ・そばかすを撃退!知っておきたい基礎知識 » 薬以外の改善方法

薬以外の改善方法

知らないうちにできてしまったしみやそばかす。放っておく大きく濃く成長してしまうので、しみやそばかすは気付いたらすぐのお手入れが肝心!

しみのお手入 れというとまずは化粧品から入る方が多いと思いますが、皮膚科での治療やエステサロンでの美白成分導入などもあります。

それぞれ、メリット・デメリットが あるので総合的に判断した上でベストのお手入れ法を実践してくださいね。

しみの改善法!化粧品・エステ・クリニックを比較!

【しみ取り化粧品のお手入れ】

しみのお手入れといえばしみ取り化粧品がもっともポピュラー。1,000円程度のトライアルセットで気軽に試せるのが特徴です。

しみ取り化粧品はドラッグストアで売っているお手頃価格の物から、デパートで売っている高級ブランドの物まで、たくさんの種類があるので選びづらいというデメリットがありますが、効果のある化粧品を使えばしみを改善することができます。

また、しみ取りだけでなく美肌成分も含まれているため、同時にきれいなお肌も手に入れることができます。しかし、効果のない化粧品も数多くあるので、良い商品に辿りつくまでたくさん投資する方も少なくないようです。


【エステサロンの利用】

フェイシャルエステでもしみのお手入れができます。しみを直接取り除くというより、古い角質を取りターンオーバーを促すことで、しみを消して新しい肌を作る仕組みです。

ただし、エステは医療機関ではないので施術中のトラブルリスクも高く、効果が表れるまでに時間がかかるというデメリットもあります。

顔にレーザーをあてないケアとしては、しみ取りシールもありますが、効果が見えるまでにさらに時間がかかり、しみが取れたと実感するまでには3ヶ月くらいかかるようです。

料金は、サロンにより異なりますが1回3,000~20,000円弱くらいまでさまざまです。


【皮膚科等のクリニックでの治療】

確実にしみを取るなら皮膚科でのしみ取りレーザーが最も効果的です。しみだけではなく肝斑やにきび跡も取ることができたり、ダメージを受けた肌を綺麗にできるというメリットも。

ひと昔前よりも手頃な価格で受けられるようになり、数千円でお試しできるクリニックもあります。とはいえ、トータルで見ると治療費は高く、安くても1クールで40,000円前後はかかります

一度しみができたところは再発しやすく、数十万円かけてしみを消してもまたできる可能性もあります。

総合的に判断すると、やっぱり「医薬品」がおすすめ!

しみ取り化粧品は効果がある化粧品を見つける手間と時間、お金がかかりますし、コスメジプシーになりかねません。

効果が期待できる皮膚科は値段が高額な上に再発リスクあり。エステサロンは、効果が出るまでに時間がかかるというデメリットがあります。それに、エステやクリニックは予約を取って通わなければならないという煩わしさもありますね。

こうした所を総合的に見ると、やっぱり医薬品に軍配。お手軽度、効果の期待度ともにクリアしている医薬品からまずは試すことをおすすめします